本日、日本体育大学健志台キャンパスにて第50回春季リーグ戦2戦目の東京大学戦が行われました。
早稲田大学は、○2-0で勝利しました。

次戦は、
4/14(土)
9:00〜 vs中央大学
@早稲田大学所沢キャンパス野球場
の予定です。

引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

以下、本日の試合の戦評になります。
—————————————-
4/8(日) vs東京大学

東大|0000000|0
早大|000020X|2

杖子ー実重

二塁打:金子

1.(二)川上
2.(一)鳥岡
3.(遊)丹野
4.(指)前多
5.(三)石田
6.(右)金子
7.(中)石井
8.(捕)実重ー(打)浅田ー(再)実重
9.(左)吉原
FP.(投)杖子

昨日のリーグ初戦では7本の本塁打などで得点を重ね3回コールドで試合を決めた早稲田大学。
続く2戦目も勢いそのままに序盤に得点を奪いたいところだったが相手投手に苦戦し、4回まで二安打無得点。
ところが5回裏先頭の石田が右前安打で出塁すると、続く金子の右中間を抜く二塁適時打でようやく先制。さらに一死2,3塁から9番吉原の二ゴロで1点を追加しこの回2点を挙げた。
早稲田はこの2点を守りきりリーグ2戦目を勝利で飾った。
投げては杖子が7回を投げきり被2安打、13奪三振の好投を見せた。