昨日は、早稲田大学所沢キャンパスにて秋季リーグ戦が行われました。
早稲田大学は東京大学と対戦し、結果は○13-2(4回コールド)で早稲田大学が勝利しました。

次戦は、
9/30(土)@あきる野市民球場
11:00〜 vs中央大学

の予定です。応援宜しくお願い致します。

以下、本日の試合の戦評になります。
—————————————-
9/24(日) vs東京大学

早大|2632|13
東大|0020|2
(4回コールド)

杖子、石井、松下、山内ー実重

二塁打:前多、吉原
三塁打:川上、杉本
本塁打:織部

1.(二)川上ー(打→二)西川ー(打)梶谷ー(再)川上
2.(一)鳥岡ー(打)鈴木ー(再)鳥岡
3.(中→投)石井(2ウラ)ー(打)杉本→(投)松下(3ウラ)ー(投)山内(4ウラ)
4.(指)前多ー(打)井口ー(再)前多
5.(三)石田ー(打→三)高橋
6.(遊)丹野ー(打)浅田ー(再)丹野
7.(左)吉原ー(打→左)新堀
8.(右)織部ー(打→右)真崎
9.(捕)実重ー(打)中畑ー(再)実重
FP.(投)杖子ー(中)金子

秋季リーグ戦2戦目先攻の早稲田は1戦目から大きく打順を変えて挑んだ。その作戦が的中し初回先頭川上が右方向への三塁打を放ち好機とすると続く鳥岡が中前適時打で先制に成功。その後も4番前多の適時二塁打で1点を追加し2-0とする。続く二回も早稲田の打線が爆発。先頭吉原が初球を捉え中前二塁打とすると続く織部が右中間へ本塁打を放ち2点を追加。2巡目からは起用された浅田、高橋、新堀の代打陣も要所で安打を放ちこの回さらに4点を追加して8-0と差を広げる。3回も代打陣の勢いは止まらず1年生の中畑、梶谷、杉本、高橋の4安打で3点を追加。4回にも2点を追加し、最終的には13-2の4回コールドで勝利を収めた。
投げては、4イニングを4投手が継投した。先発杖子は安定した投球で初回を三者凡退に抑えると2回には石井が公式戦初登板にも関わらず東大打線を三人で抑える好投を見せる。3回に同じく公式戦初登板を果たした松下はコントロールに苦しみ4つの四球を許し2点を奪われるも、最終4回に登板の山内はリズムの良い投球で無失点に抑え東大の追撃を交わした。