本日は、早稲田大学所沢キャンパスにて秋季リーグ戦が行われました。
早稲田大学は東京学芸大学と対戦し、結果は○8-0(5回コールド)で早稲田大学が勝利しました。

次戦は、
9/23 @あきる野市民球場
13:00〜 vs日本体育大学

の予定です。応援宜しくお願い致します。

以下、本日の試合の戦評になります。(今秋季リーグより試合戦評はこちらでご報告します)
—————————————-
9/16(土) vs東京学芸大学

学芸大|00000|0
早稲田|4004x|8
(5回コールド)

杖子、山内ー実重

二塁打:丹野
本塁打:新堀

1.(中)石井ー(打)井口ー(中)金子
2.(遊)丹野ー(打)浅田ー(再)丹野
3.(二)川上ー(打→二)西川→(打)松下ー(再)川上
4.(一)鳥岡ー(打)杉本ー(再)鳥岡
5.(指)前多ー(打)梶谷
6.(三)石田ー(打→三)高橋
7.(左)吉原ー(打→左)新堀
8.(右)織部ー(打)真崎ー(再)織部
9.(捕)実重ー(打)中畑ー(再)実重
FP.(投)杖子ー(投)山内(5表から)

新チームの初戦となった東京学芸大学戦、後攻早稲田は初回石井、丹野の1,2番が出塁すると後続も安打や犠打で続きこの回一挙4点を挙げる。しかし8番織部から始まった2回裏は代打井口の登場などもあったが三者凡退、さらに全ての打者に代打を起用した3回裏も三者凡退に倒れ追加点がつかめない。得点はそのまま4-0で迎えた4回裏も代打の梶谷、高橋がそれぞれ凡退し2死に追い込まれるが、続いて代打で登場した新堀が初球を捉え自身初となる柵越え本塁打を放つ。すると流れも再び早稲田に傾き、真崎の巧みなバントや中畑、金子の相手を失策を誘う打撃でさらに3点を追加。8-0と一気にコールドの点差にまで差を広げた。5回表には1年生投手の山内が対外試合初登板。無安打無得点に抑える好投で5回コールドを成立させ新チーム初戦を白星で飾った。