本日は早稲田大学所沢キャンパスにて早学定期戦が開催されました。
学習院大学との定期戦は今回で51回目を迎えた伝統ある大会です。本年度も現役戦、OB戦の2試合が行われました。

早稲田大学は現役戦○7-1、OB戦○11-2でともに勝利しました。

MVPは、
現役戦:井口聡
OB戦:坂本大樹(法学部4年)
がそれぞれ獲得しました。

以下本日の現役戦の戦評となります。
——————————
11/12(日) 早学定期戦

学習院|0000010|1
早稲田|005002x|7

山内、石井、松下、鈴木ー実重、中畑
二塁打:真崎、実重

1.(右→左)金子
2.(二)西川
3.(左)新堀ー(右)真崎
4.(捕)実重ー(捕)中畑
5.(一)梶谷
6.(中)杉本
7.(三)高橋
8.(指)井口
9.(遊)丹野
FP.(投)山内ー(投)石井ー(投)松下ー(投)鈴木

後攻の早稲田は2回まで新堀の一安打のみと勢いに乗れない。しかし3回、今大会MVPに輝いた先頭の井口が右前安打と相手失策で二進すると1番金子の中前適時打で1点を先制。その後も真崎、実重の連続適時二塁打などでこの回一挙5点を奪う。さらに6回にも梶谷、杉本の連続安打などで2点を追加した。
投げては先発山内が2回に2つの四球を出すなど苦しむ場面もあったが3回を無失点に抑える。続く石井も4回から2イニングを投げ無失点に抑える好投を見せた。3人目の松下は先頭打者に三塁打を許し続く打者の犠打で1点を許したがその後は落ち着いてアウトを取り攻撃を4人に抑えた。最終回から登板の鈴木は試合での登板は初だったが中堅手杉本の好守備もあり無失点に抑えた。