本日は、早稲田大学所沢キャンパスグラウンドにて東京理科大学との練習試合が行われました。
早稲田大学は1試合目○12-1、2試合目●3-4(サヨナラ負け)となりました。
東京理科大学のみなさま、本日はありがとうございました。

次戦は、春季リーグ戦4/7(土)の東京学芸大学戦(@日本体育大学健志台キャンパスグラウンド)です。
※春季リーグ戦の日程は追って詳細をご連絡致します。
引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

以下、本日の試合の戦評になります。
—————————————-
3/28(水) vs東京理科大学
1試合目

理科大|0000010|1
早稲田|321501X|12
※練習試合のためコールドは適用せず

杖子ー実重
二塁打:石田
三塁打:鳥岡(2本)、実重
本塁打:川上

1.(二)川上
2.(一)鳥岡
3.(遊)丹野
4.(指)前多
5.(右)織部
6.(中)金子ー(中)石井
7.(三)石田
8.(捕)実重
9.(左)吉原
FP.(投)杖子

理科大との1試合目は後攻となった早稲田。
初回先頭川上から3番丹野までの三連打で勢いに乗ると、この回3点を挙げる。2回は川上の単独本塁打を含んだ2点、3回も実重の三塁適時打で1点を追加しリードを広げる。さらに4回は打線が繋がり打者8人の猛攻で一挙5点を奪い11-0と大量得点差をつける。6回表には1点を返されるが、その裏さらに1点を奪った早稲田が勝利を収めた。
投げては杖子が7回を完投し、被安打3、12奪三振の好投を見せた。

2試合目

早稲田|0000300|3
理科大|0003001X|4

山内、石井ー前多
二塁打:高橋
三塁打:織部

1.(中→投)石井
2.(二→三)高橋
3.(遊)石田
4.(捕)前多ー(打)中畑ー(再)前多
5.(左)新堀
6.(一)梶谷ー(打)井口ー(再)梶谷
7.(指)杉本
8.(三)新井ー(打→二)西川
9.(右)真崎ー(右)織部
FP.(投)山内ー(中)金子

2試合目は先攻の早稲田。
試合が動いたのは4回の裏だった。相手に三塁打を含む連続2安打で先制を許すと、その後は早稲田の失策が続きこの回3点を失う。ところが続く5回表早稲田も打者8人の猛攻で3点を返し同点に追いつく。しかしその後追加点はないまま7回表の攻撃を終えると、その裏理科大の巧みな走塁や早稲田の失策で決勝の1点を奪われサヨナラ負けを喫した。