10/30(月)に、谷戸沢グランドにて行われた関東インカレの戦評を掲載いたします。遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

早稲田大学は2回戦で城西大学に○5-2で勝利したものの、その後の3回戦で国士舘大学に●2-9(5回コールド)で敗北致しました。

—————————————-
10/30(月) 2回戦 vs城西大学

早稲田|2110100|5
城西大|0000011|2

杖子ー実重

本塁打:織部

1.(中)石井
2.(右)浅田
3.(二)川上
4.(一)鳥岡
5.(指)前多
6.(三)石田ー(打)織部ー(再)石田
7.(遊)丹野
8.(捕)実重
9.(左)吉原
FP.(投)杖子

先攻早稲田は初回から石井、川上、鳥岡が出塁し一死満塁の好機とすると5番の前多がその期待に応える中前適時打で2点を先制。続く2回も吉原、浅田、石井が出塁し一死満塁とすると川上が中前適時打を放ち1点を追加。3回にも四球で出塁の前多が見事な走塁を見せ3塁まで進むと実重の中前適時打でさらに1点を追加。スコアを4-0としコールドゲームに持ち込みたい早稲田だったがその後の得点は代打で登場の織部の単独本塁打でもぎ取った1点に終った。逆に6,7回には相手に1点ずつを許し5-2でなんとか逃げ切った形となった。
この試合はチャンスの場面での残塁が多く、エース杖子に負担をかける形となった点が反省点として挙げられた。

3回戦 vs国士舘大学

早稲田|00020|2
国士舘|01062x|9
(5回コールド)

杖子ー実重

1.(左)浅田
2.(二)川上
3.(中)石井
4.(一)鳥岡
5.(指)前多ー(打)織部
6.(三)石田
7.(遊)丹野
8.(左)吉原
9.(捕)実重
FP.(投)杖子

ダブルヘッダーの2試合目は前回優勝の国士舘大学との対戦となった。先攻早稲田は2回裏に相手の単独本塁打で先制を許すも、その後4回には川上、鳥岡の安打に相手の失策も絡み2点を奪い逆転に成功する。しかしその裏国士舘の強力打線が爆発。打者一巡の猛攻に早稲田は川上の失策もありこの回6点を失う。勢いを失った早稲田は5回の攻撃を三者凡退で終えると、続く裏にも失策と長打が絡み2点を失って7点差をつけられ5回コールドで試合終了。早稲田大学はベスト8で姿を消した。