早稲田大学男子ソフトボール部の公式ホームページです

幹部ご挨拶

  • HOME »
  • 幹部ご挨拶

幹部ご挨拶

2018-2019シーズン幹部より挨拶をさせていただきます。(コメントは2018年9月現在のものです。)

 

主将 丹野太郎(スポーツ科学部3年:兵庫 私立滝川学園高等学校出身)

早稲田大学男子ソフトボール部新主将の丹野太郎です。
出身は兵庫県私立滝川学園高等学校、学部はスポーツ科学部です。
新チーム始動にあたり、ご挨拶させていただきます。

先日行われたインカレでは準優勝という優勝まであと一歩のところで敗れてしまいました。
優勝までの5試合全てを勝ち切るということがどれほど難しいかを痛感した大会でした。
この経験を活かし、1年間しっかりと練習し、次こそはインカレ優勝を成し遂げれるよう、日々精進して参ります。

私たちの今年のチームスローガンは「凌駕」です。インカレ優勝に向かって相手を凌駕していく、常にリスペクトと感謝の気持ちを持ち、応援していただけるチームになるということを大切にしていきます。

最後に、この早稲田大学男子ソフトボール部で主将を務めさせていただくことに大きな責任と喜びを感じております。
この気持ちを力にし、インカレ優勝まで駆け上がります。

今後とも早稲田大学男子ソフトボール部へのご支援、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

 

副将 金子太(教育学部3年:埼玉県立川越高等学校出身)

新チームより副将を務めさせていただくことになりました、教育学部数学科3年金子太と申します。OBの皆様、関係者の皆様、日頃のご支援ご声援誠にありがとうございます。
新チームの始動にあたり、ご挨拶申し上げます。

先日行われた大学選手権では、インカレ3連覇を果たして以来始めて決勝に進出することができました。しかし力及ばず決勝戦では完敗いたしました。
負けてしまった悔しさ、ベンチで応援することしかできなかった自分への憤り、様々な感情が芽生えたインカレでしたが、最終日そして決勝まで残るという新しい景色を見ることもできました。あの舞台まで連れて行ってくれた4年生には感謝の気持ちしかありません。その感謝の気持ちを来年、インカレ優勝をして恩返しできるようにこの1年間副将として主将のサポート、チーム運営のサポートなど縁の下の力持ちとなれるよう頑張って参ります。

今後とも変わらぬご支援、ご声援よろしくお願い申し上げます。

 

副将 川上卓也(スポーツ科学部3年:岡山県立新見高等学校出身)

早稲田大学男子ソフトボール部の副将を務めさせていただくことになりました川上卓也です。
出身校は岡山県立新見高等学校、学部はスポーツ科学部です。
新チーム始動にあたり、ご挨拶させていただきます。

先日、石川県で開催された全日本大学選手権において私たちは準優勝という結果を収めました。私が入部してからは初めて最終日まで勝ち残り、インカレの決勝戦という舞台にも立つことができ、とても貴重な経験をさせていただきました。優勝を目標に掲げていただけに、あと1歩届かなかったことはとても悔しく思っています。
この悔しさを忘れず、この1年間また新たな気持ちで「優勝」という目標に向かって精進していきたいと思います。

新チームから副将という役職を与えていただきますが、まずは主将である丹野をしっかりとサポートしていきたいと思っています。また例年と違い副将が2人いるので、知恵を出し合い、より良いチーム作りに励んでいきたいと思います。

最後になりますが、覇者早稲田を再び大学ソフトボール界に轟かせるべく、残り1年間全力でソフトボールに取り組んでいきたいと思いますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

 

主務 近藤夏紀(教育学部3年:横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校出身)

2018/19シーズンの主務を務める教育学部国語国文学科の近藤夏紀と申します。新チームの始動にあたりご挨拶を致します。

先日石川県小松市にて行われました全日本大学選手権大会(インカレ)は準優勝という結果で幕を閉じました。あと一歩の所で優勝を逃してしまい悔しさを感じる大会ではありましたが、決勝の舞台を経験できたことはチームにとって大きな財産となったと感じております。
この経験を生かし、新チームでは5年ぶりの王座奪還を目指し活動して参ります。

私自身は主務兼マネージャーとしてチーム運営に携わることとなります。各部員の最高のパフォーマンスを引き出すのはもちろんのこと、皆様に応援して頂けるチームづくりや中高生の憧れとなるようなチームづくりにも全力を注いで参ります。そして歴史と伝統のある早稲田大学ソフトボール部の魅力を次世代にしっかりと引き継いで参りたいと考えております。

最後になりましたが、今後とも弊部へのご支援ご声援を宜しくお願い申し上げます。

 

副務 織部雅之(スポーツ科学部3年:宮崎県立宮崎南高等学校出身)

新チームより副務を務めさせていただきます、スポーツ科学部の織部雅之と申します。出身校は宮崎県立宮崎南高校です。新チーム始動にあたりご挨拶申し上げます。

先日石川で行われたインカレでは準優勝という結果を残すことができました。しかし、準優勝できた嬉しさがある反面、決勝で負けてしまった悔しさも当然のことながらあります。この1年間でその悔しさを糧にしてインカレで優勝できるよう練習に励んでいきたいと思います。

新チームでは副務の役職で活動していいます。役割としては、学連の井口、主務の近藤、この2人の補佐を主に行っていきます。2人が活動しやすいよう全力でサポートしていきます。

最後になりますが、日本一に向けてこの一年間を全力で頑張っていきますので早稲田大学ソフトボール部へのご声援のほどよろしくお願いします。

 

学連 井口聡(法学部3年:早稲田大学高等学院出身)

こんにちは。
新チームより早稲田大学男子ソフトボール部学連委員を務めさせていただきます、法学部3年の井口 聡と申します。新チームの始動にあたって、ご挨拶させていただきます。

先日石川県小松市で行われたインカレでは、準優勝という結果に終わりました。ですが、私が入部して以来初めて最終日まで残ることができ、部員全員が日本一への距離を実感できたと思います。そして、来年のインカレは富山県富山市で行われることが決定しております。今年の悔しさを忘れず、来年5年ぶり5回目の優勝を掴みたいと思います。

学連という役職では、主に部の外部の方との関わりが増えてくるように思います。昨年度学連委員を務められました新堀さんは東京都リーグの役員を務めるなどの多岐にわたる仕事をなされていましたが、私もこれからの一年間負けないように、しっかりと務めていきたいと思います。

最後になりましたが、今後とも早稲田大学ソフトボール部へのご支援、ご声援のほどをよろしくお願い致します。

 

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 早稲田大学男子ソフトボール部 All Rights Reserved.